入試の試験監督のアルバイト

大学生の平均アルバイト収入から見えるもの

入試の試験監督のアルバイト 学生時代にアルバイトをやっていた人は多いと思います。私も大学生時代にいくつかのアルバイトを経験しました。主な目的は生活費を稼ぐことです。地方から東京の大学へ出てきていましたので、一人暮らしをしていました。基本的には両親からの仕送りでやりくりをしていましたが、どうしてもそれだけではぎりぎりの生活というのが現状だったと思います。私のように不足分を補うためにアルバイトをする、またしていたという学生は多いと思います。

ある統計では大学生の月における平均的なアルバイト収入は4万円から5万円ほどだそうです。私自身の実感覚としてもそのくらいの金額が妥当だと思います。妥当というのは学業とのバランスからの観点です。おそらくアルバイトを中心に生活をすれば学生でももっと稼げると思いますが、学業をおろそかにせずに働けばだいたいそのくらいの額になると思います。学生時代は4万円ほどの収入では足りないと思うこともありましたが、今から思えば毎月ずいぶんと無駄な出費があったように思います。そう考えると、この大学生平均収入のデータからは堅実に大学生活を送る学生が多いということが透けて見えてくるようです。倹約という姿が大学生の理想的な姿かどうかは分かりませんが、学業とのバランスの中でアルバイトをするということは大切なことだと思います。

おすすめ記事

Copyright (C)2023入試の試験監督のアルバイト.All rights reserved.